私の育毛にはプラセンタエキスが効果的

私は、幼少の頃には髪の毛が真っ黒で、かつふさふさの直毛で、近所の理容院に行ってもいつも、「きみは将来髪が薄くなったりすることを心配しなくていいから、良いわねー」と言われていました。
実際自分でも、髪が薄くなるとはまったく考えておらず、食事、洗髪、生活習慣など気にせず生活していました。
そんな中、大学生になり、卒業が近づく年齢になると、若干薄くなってきたかな?と思うことはありましたが、特に気にすることなく過ごしていました。
そして会社に就職し、最初の職場が非常に忙しく、ストレスも多い環境であったため、一気に薄毛が進行し、入社後3年が経過するころには、前頭部の髪が明らかに後退し、さらに頭頂部も薄くなっていました。

このままではヤバい、どんどん髪が薄くなってきており、このまま完全にハゲてしまうのではないかと非常に危機感を抱きました。

そこで、ハゲる原因について自分なりにインターネットや書籍などで調べてみたところ、ストレスが溜まっている、生活リズムが乱れている、食生活に偏りがあるなどの生活習慣の乱れがそのまま直接的にハゲる原因につながってくるということが分かってきました。そのうち食生活について、当時はコンビニ弁当とカップラーメンばかりを食べていて、非常に栄養バランスが悪い食事をしているという自分なりの心当たりがありました。そのため、まずはこの食事の内容から改善していこうと思い、食事に髪の毛にいい食材を取り入れることから始めました。

自分が調べた結果、髪の毛にいい栄養素として挙がってきたのが大豆イソフラボンと亜鉛というものでした。大豆イソフラボンというのは男性ホルモンの働きを抑えてくれるという効果があると説明されていました。ハゲる原因の一つとして男性ホルモンの働きが過剰になってそれが髪に悪影響を与える場合があるとのことでした。大豆イソフラボンはその働きを抑える効果があるとのことでした。
また、もう一つの栄養成分が亜鉛です。この亜鉛はアミノ酸から髪の毛が作られる場合に必要になる成分でこの亜鉛が不足するとそもそも髪の毛をうまくつくることが出来なくなるという説明がありました。
大豆イソフラボンと亜鉛、この2つを重点的に摂取することにしました。

大豆イソフラボンと亜鉛を多く含んでいる食事を調べたところ、当然のことながら大豆イソフラボンについては大豆、亜鉛については海藻類があがってきました。これを受けて食生活に納豆と昆布、わかめ、海苔を加えることにしました。具体的には毎朝納豆と海苔をご飯と一緒に必ず食べるようにし、朝晩の味噌汁にはわかめを入れるようにしました。このような食生活の改善をおこなったことで、この20代前半に発生した薄毛の症状については少しずつですが克服し始めました。ただ、少しは改善するもののなかなか元通りにはなりませんでした。

そんな状況の中、育毛サロンの広告が目に留まりました。
ここしかないと藁にもすがる気持ちで予約をし、通う事にしました。半信半疑でスタートした育毛サロンでしたが、1か月経過し、確かにわずかにその効果を確認することができ、一年の契約を結ぶ事にしました。
一年契約は非常に高額でしたが、通ってみると、確かに効果が現れ、半年経過するころには、傍からもはっきりと分かるほどに頭頂部の薄毛が回復しました。
しかし、1年後にさらに追加費用を払うことができなかったため、新しい方法を色々と調べた結果、プラセンタというサプリメントにいきつきました。
サプリメントの服用には抵抗感がありましたが、実際に飲んでみると、まったく副作用はなく、何の問題もなく続けることができました。
今では、薄毛の進行を抑えることができており、現状をキープできています。前頭部の薄毛の回復まではできていないのですが、さらにその他の方法も調べながら、大学生の頃まで髪の状態を戻すことができればいいな、と思っています。

楽天市場プラセンタ配合部門1位獲得 母の滴

SNSでもご購読できます。